ドミナスで成功を収めた ムエックス氏はドミナスが位置するヨーントヴィルの隣、オークヴィルのポテンシャルに魅力を感じて2008年、遂にオークヴィルに念願のワイナリーを手に入れ、ワイン造りに向けて動き始めます。
それがユリシーズです。
このユリシーズの名前はギリシャ神話の英雄オデュッセウスのことで、トロイ戦争で活躍した後、10年もの苦難の末に故郷の家族との再会を果たしたという逸話があります。その神話に感銘を受けたムエックス氏はオークヴィルという新境地で全く新しいワインを造ることを、ユリシーズの強靭な探究心と重ね合わせ、彼の名をワイン名とラベルに採用したといわれています。
まず彼は家屋の建て替えと農地の大規模な再植樹計画でした。今まで植えられていたメルロを引き抜き、一部はボルドーのトップシャトーから取寄せたカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランに植え替えました。
彼を魅了したオークヴィルの並み外れたテロワールを引き出すために細部まで徹底したワインメイキング。
ワイナリーオークヴィルはドミナスが位置するヨーントヴィルから北に1.6kmほど離れた、マヤカマス山脈の麓に位置するワイン産地。
土壌はドミナス同様、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適な地層の深い砂利質土壌で構成されています。
一方、気候面では、サン・パブロ湾からの海風がヨーントヴィルの丘で遮られるため、夏はより暑く、冬はより寒くなります。
このような気候の差から、オークヴィルではより柔らかく豊かなタンニンがワインにもたらされるのが特徴です
ドミナスとユリシーズの醸造責任者を務めるテッド・モステロ氏が「バランス、複雑味、純度の高さをしっかり引き出すことを徹底している」と語るように、畑ではテロワールの滋味を引き出す非常に細やかなケアが行われています。
栽培においては、ドミナスでも行われている「ギヨー・ドゥーブル・ドゥーブル」と呼ばれる、葉を多くしげらせる仕立て法により、過剰な太陽光による過熟を防いでいます。
また、ドライファーミングを実践することで、ブドウの根を地中深くまで誘引し、土地の個性がよりブドウに反映されるように工夫しています。
収穫の時期が近づくと、1日に2回ブドウのテイスティングを行い、最上の状態で収穫できるよう入念に畑の状態をチェックし、収穫後もワイナリーで厳格な選果が行われています。
熟成における新樽比率は約50%。
ローストを抑えた樽を使用することで、過度な焙煎香や苦味を抽出せず、複雑な芳香を引き出します。
このような細部に渡る丁寧な栽培、ディテールにこだわった醸造、熟成により他のカリフォルニアワインには出せない繊細さ、精妙なバランス、複雑なアロマを湛えたワインが生み出されています・

$177.00
お客様は21歳以上ですか? 21歳未満のアルコール類の購入や飲酒は米国の法律で禁止されています。 このサイトではアルコール類の販売を行っております。 法令に基づき、年齢認証をさせていただきます。