Hope Family wines

カリフォルニア ナパでカベルネで成功をおさめた ケイマスを手掛けるチャック・ワグナーは1980年代初頭に低価格で良質なセカンド・ブランドを始める事を考えます。カリフォルニア各地を渡り歩いてパソ・ロブレスで30年以上葡萄栽培を続けるホープ・ファミリーと出会い『リバティー・スクール』 という名のブランドを生み出しました。

このリバティー・スクールは大成功を収めます。ハイコストパフォーマンスなワインとして広く普及した後にホープ・ファミリーは独立。それを機会にリバティー・スクールもホープ・ファミリーの一員となり、更なる躍進を遂げました。

ホープファミリーは30年以上パソ・ロブレスで農業を続けています。彼らはこの地域に出会った時には、リンゴとブドウを植えました。彼らは、その後パソ・ロブレスのローリング、オークがちりばめられた地形がいつか重要なヴィティカルチュラル・テロワールでセントラルコースト内の質の高い赤ワインのためのトップワイン栽培地域の1つになることを知ることになりました。

‎その後リンゴの果樹園はなくなり、今ではホープスはカベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、メルロー、ムルヴェドレ、グルナッシュなど、その地域に最も適した品種の成熟したブドウ園を栽培しています。ブドウ密度が増加し、各ブドウは非常に少ない果物を生成するように求められます。このドメインのテロワールは、そのユニークな地域の特徴で自分自身を表現しています。植えられた品種に関係なく、パソロブレスの表現は、鼻のスパイス、甘草、ベリー、柔らかい質感と口蓋に絹のようなタンニンが表現されています。‎

‎今ホープファミリーワインは、リバティスクール、トレアナ、クエスト、オースティンホープ、トラブルメーカーの5つの個々のブランドで構成されています。‎

お客様は21歳以上ですか? 21歳未満のアルコール類の購入や飲酒は米国の法律で禁止されています。 このサイトではアルコール類の販売を行っております。 法令に基づき、年齢認証をさせていただきます。