「Cruse Wine Co.」と「Ultramarine」。それは今、世界中から最も注目を浴びるカリフォルニア・ワインブランドの一つです。この二つのレーベルのオーナーであり、そして醸造家でもあるマイケル・クルーズ(Michael Cruse)はUCバークレー校で生化学を専攻し、卒業後は 『サターホーム』 や 『スターモント』 らで科学的な観点から醸造を学びました。

驚いたことには、フォーマルな醸造の教育は一切受けておらず、手探りと現場での経験をもとにワイン科学を全て独学で学び、2013年にクルーズ・ワイン・カンパニーとウルトラマリンを設立。たちまちワインは話題となり、サンフランシスコ・クロニクル紙より【Winemaker of the Year】に選ばれます。この間、”わずか三年”。現在はカリフォルニア・ワイン業界における異端児としてその注目度は増すばかり。
クルーズ・ワイン・カンパニーではカリフォルニア特有のピュアな果実味と透明感、そしてしっかりとした骨格を持つ感受性の高いワインを造ります。またウルトラマリンではシャンパーニュのレコルタン・マニュピュランをインスピレーションに、単一畑、単一ヴィンテージの格調高き、「カリフォルニア最上」と謳われるハンドメイド・スパークリングを少量生産しています。

それはまさに多様性の時代に入ったカリフォルニアワインを象徴する存在。従来のスタイルや品種に囚われぬ、極めて複雑な個性と高いクオリティを誇る渦中のブランドです。
‎クルースワイン社は、真剣にバランスのとれた、申し分のないカリフォルニアのフルーツの資質と満足のいくワインを提供することを目指しノースコーストに魅力を感じて、特別なワインを作ることを選びました。彼の選択は一つは、ピノ・ノワールやカベルネを作ることではなく、代わりにバルディギー、タンナント、カリニャン、サンローランなどの品種にインスピレーションを感じ巧みにブレンドして魅力的なワインに仕上げています。

‎クルースワイン社の主力のワインは、赤いブレンドモンキージャケット(古い、英国のセーラーソングに触発された名前)です。このワインは、バルディギー、カリニャン、タンナット、サンローラン、ミックスフィールドブレンドレッドのブレンドであり、明るさと十分な構造で信じられないほどの飲みやすさを提供するので、Cruse Wine Co.が意図しているすべてのものを具現化しています。モンキージャケットに加えて、バルディギー、タナント、シラー、カリニャン、シャルドネから単一のブドウ園の品種ワインの小ロットを作ります‎
注目の新生ワイナリー

お客様は21歳以上ですか? 21歳未満のアルコール類の購入や飲酒は米国の法律で禁止されています。 このサイトではアルコール類の販売を行っております。 法令に基づき、年齢認証をさせていただきます。